悩みごとがある女性

薬剤で治療する

受付

双極性障害を患うと、精神が不安定になり心が病んでしまいます。次第に身体にも悪影響を及ぼします。頭痛や肩こり、吐き気や胸の痛みなどです。満足な眠りにつけないなど、睡眠不足が続き、物事の判断能力が低下します。また、食欲が落ち体重が著しく低下することで免疫力が下がり、様々な病気を併発することもあります。そのような症状が見られた場合、頭痛薬や痛み止めといった薬を服用しても、双極性障害そのものを改善しないと意味がありません。双極性障害を改善することで、身体の痛みや睡眠不足は解消されます。双極性障害の治療方法には「薬物治療」があります。薬物治療を施すことで、満足に眠ることができ、また、繰り返す躁鬱状態を安定させることができるのです。薬物治療では、主に精神安定剤、抗うつ剤、睡眠薬を服用します。精神安定剤では、初期症状や双極性障害の再発に効果があります。軽い症状のときに服用することで、興奮を抑え、躁状態に陥るのを防ぐことができます。抗うつ剤では、鬱状態を和らげることができます。しかし、抗うつ剤を飲んだからといって鬱状態が完治するわけではありません。薬の服用といっしょに精神を自らコントロールする必要があるのです。考え方や思考を前向きにすることで症状は大幅に軽減されます。睡眠不足が続き、上手く物事の処理ができないという場合に睡眠薬が活躍してくれます。充分な睡眠を取ることで精神のコントロールができるようになり、安定した健康を手に入れることができます。双極性障害の1番の改善策は規則正しい生活習慣です。睡眠薬を上手に服用し、生活サイクルを安定させましょう。

Copyright(c) 2015 双極性障害について正しく理解し、前向きに向きあおう . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com