分からないのが、一番大変だから。
カウンセリング

躁状態とは

双極性障害になった場合、明るく活発的な「躁状態」と、暗くネガティブな「躁状態」と繰り返します。このページでは「躁状態」の主な症状について紹介しています。身近にこのような人がいる場合は注意しましょう。

詳細を確認する

調べる女性

鬱状態について

このページでは、双極性障害の「鬱状態」について紹介しています。双極性障害の鬱状態は、うつ病とは異なるため、治療方法などにも違いが生じます。鬱状態について正しく理解しましょう。

詳細を確認する

受付

薬剤で治療する

双極性障害の治療方法について紹介しています。双極性障害は薬物治療が適用できます。薬物治療には、いくつかの薬剤が施されます。精神安定剤や抗うつ剤、睡眠薬など自分の症状を正しく理解し用法用量を守りましょう。

詳細を確認する

自覚しずらい

倦怠感に包まれた女性

双極性障害かもと思ったら

一般的に人は、アクティブに活動する時期があれば、少し消極的になり休憩期間を儲ける時期もあります。そのような場合、ほとんどが両者に大きな変化はありません。しかし、双極性障害の場合、両極端な変化が見られます。双極性障害とは別名「躁鬱病」と呼ばれています。アクティブで意欲的に動く「躁状態」と、ネガティブで何事にもやる気や意欲が失われがちな「鬱状態」が交互に訪れます。人によっては鬱状態が長くある場合もあります。しかし、躁状態が長い人もおり、また症状は様々です。躁状態の場合、人が変わったように活発になる傾向があります。今まで喋ることがほとんどなかった人が急に長舌になり、よく喋るようになるなどの症状が見られます。さらに、躁状態の場合、本人はやる気にあふれているため、病気だという自覚がほとんどありません。周囲の人や家族が変化に気づき、不審に思い病院へ連れて行くというケースがほとんどです。昨日までは明るく活発的だった人が翌日には真逆な症状に陥る場合があります。それが「鬱状態」です。鬱状態の場合、躁状態とは真逆で何事にもやる気を失ってしまいます。自分はダメだと思い込み、悲観的になります。寝たきりの状態が続き、食欲がなくなり、体重が著しく低下するなどの症状も見られます。最悪の場合、死について考えることが増え、自殺願望が芽生える危険性もあります。日本の自殺者の多くがこの双極性障害を患っていたというデータが上がっています。

どのような治療法があるか

双極性障害とは、以前は躁鬱病と呼ばれていました。うつ病と同じように気分障害に分類されます。うつ病と違うところは、気分の落ち込みがある抑うつの症状だけでなく、興奮状態が続く躁症状もあるということです。それが交互に現れてきます。 診断する方法として、まずしっかりと問診を行います。それから光トポグラフィ−検査をします。近赤外線という体に害の少ない光を使って、血流のパターンで判断するというものです。検査の時間は30分程で終わります。 自分や家族の事で相談したい方は、メンタルクリニックや精神科のある病院に行きましょう。電話予約をしてから行かれる方がいいです。初回の診察では2〜3時間ぐらいかかりますので、時間に余裕を持って行きましょう。

現代は仕事や人間関係のストレスを抱える人が多くなってきています。そんな中で、自分はうつ病や双極性障害ではないかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。双極性障害の状態に合った治療を行い、薬を処方してもらわなければいけません。そこで時間をかけて問診をし、検査をしてからあなたに合ったプログラムを考えていきます。事前に電話予約をしておけば、その日のうちに検査結果が分かりますので、当日から双極性障害の治療を開始する事も可能です。 別の病院に通院されている方もセカンドオピニオンができます。 治療内容は一般的な飲み薬から、脳に磁気刺激を与えることで、血流や代謝を活発化させる磁気刺激治療(TMS)という方法もあります。副作用はほとんどありません。

心理治療で社会復帰

男性医師の問診

双極性障害の治療方法には、「薬物治療」以外にも「心理社会的治療」というものがあります。精神をコントロールできるように学習、指導する治療方法です。周囲の協力を得ることで再発を抑え、社会復帰することが可能になります。

» 詳細を確認する

Copyright(c) 2015 双極性障害について正しく理解し、前向きに向きあおう . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com